介護保険を使った住宅リフォーム②建物内部の手すり No.56

リフォーム場所

部屋
  • 玄関・廊下・階段
水廻り
  • 浴室・ユニットバス
  • 洗面・脱衣室
  • トイレ

リフォーム内容

その他
  • 手すりの取り付け

キーワード

キーワード
  • 介護
  • 車いす

施工会社 / 工期

施工会社 山田建設興業株式会社
種別 一戸建て
工期 1日
構造・床面積 構造 : 木造

お客さまのご要望

お客さまのご要望
病院を退院するにあたって、自宅で移動するとき、補助となる手すりを設置してほしい、とのご要望でした。

転倒リスクが高い階段

今回は、介護保険を使った住宅改修工事です。
動かしにくくなったカラダでも住みやすいよう、家の至るところに手すりを付けさせて頂きました。

手すりの役割は、転倒の予防などがあります。
特に階段などは転倒リスクが高いエリアです。

滑りやすい浴室

浴室では浴槽をまたぐときなどに危険が伴います。
また、滑りやすい浴室での移動も転倒リスクが高くなります。

ただし、過度に手すりを取り付けると、体をぶつけたり、介護者の邪魔になるため、最小限かつ効率的な設置を心がけています。

介護保険の利用

手すりの取り付けや段差の解消をはじめとした小規模の改修に対し、かかった費用の一部を負担することにより住宅改修が可能となります。
※限度額があります。

今回は玄関・廊下・洗面所・トイレ・浴室・階段などに手すりを付けました。
皆さまも是非ご利用してみて下さい。