無垢材で木のぬくもりを~1階はお教室・2階が居住空間の家 No.51


見せる梁で広々とした空間へ

リフォーム場所

その他
  • 建物全部

リフォーム内容

その他
  • 建替え・新築

キーワード

キーワード
  • 自然素材

施工会社 / 工期

施工会社 株式会社スクエアプラス
種別 一戸建て
施工金額 1900 万円
工期 4カ月
建築年 2012 年
構造・床面積

木造 117.60 m2

家族構成 親+子
特記事項 1階はお教室です

お客さまのご要望

無垢を使用して、木のぬくもりを感じたいとのことです。

なお、奥さまがお教室をされており、1階は色んな人が出入りするパブリックな空間に。
玄関からお教室へ、また2階のプライベート空間へ続くエリアには配慮してほしいとのご希望がありました。

設計のポイント

【無垢材の使用】
床材には全面的に無垢材を使用し、木のぬくもりを感じるようにしています。

【見せる「梁」】
梁を見せることにより、高さを演出できるため、空間に広がりが生まれます。
また、木の風合いを見せることにより、木のぬくもりを感じることができるようにしました。

【玄関の工夫】
玄関は、京町屋の様なたたき土間からお教室への小上がりを設け、玄関先でのお出迎えがし易いプランを考えました。

ココが自慢

【落ち着いた色合い】
木材のブラウンと白を基調としており、落ち着いた印象を演出しています。

アクセントの青

青い照明がお部屋のアクセントとして存在を発揮しています。
(写真)
右上のライト

水廻りにも木材

このおウチは、キッチン廻り、洗面所にも木材を使用しています。

確かに、水が跳ねたり、油が跳ねたりすることにより木材は劣化します。
しかし、この劣化が雰囲気を醸し出すことも事実。劣化が気になる人もいますが、木材をご希望のお客さまは、木材が時の経過とともに変化して、色んな表情をみせる特性を気に入っておられるようです。