子供が独立した後、夫婦で過ごすゆとりのマンションへ No.16


開放感のあるオープン対面キッチン

リフォーム場所

部屋
  • リビング
  • 食堂・ダイニング
  • 洋室・寝室
  • 和室
  • 玄関・廊下・階段
  • 納戸・収納
水廻り
  • 浴室・ユニットバス
  • 洗面・脱衣室
  • キッチン
外廻り
  • ベランダ・バルコニー

リフォーム内容

インテリアベーシック
  • 模様替え
その他
  • ベランダウッドデッキ

キーワード

キーワード
  • 開放感
  • 収納
  • 子供の独立後

施工会社 / 工期

施工会社 株式会社ヨークベル
種別 マンション(分譲)
施工金額 540 万円
工期 1.5ヶ月
建築年 1987 年
構造・床面積

鉄筋コンクリート造 64.92 m2

家族構成 夫婦のみ

ご依頼のきっかけ

子育てが終わり、子供も独立して別住居を構えているので、現在は夫婦2人。
長期にわたり子供と夫婦で使用してきたので、老朽化が目立ちます。
また、子供部屋がそのままの状態ですが、夫婦では使わないので無駄な空間があります。
これから、夫婦2人でゆっくり過ごすために、間取りの変更を含めて、使いやすい家にできないものか、と相談がありました。

私たちのご提案

古い建物を、ご要望に応じて再生させることは、ヨークベルの得意分野の一つです。

古いマンションは、部屋数が多いものです。
そこで、細かく仕切られた間取りを大胆に変更し、広さと機能性を持たせることをご提案しました。

ココが自慢

部屋数は減りましたが、開放感と機能性を充実させたリフォームが実現しました。

①LDK
使わない部屋の間仕切りを撤去し、ワンルームタイプの広いリビング・ダイニングのスペースを造り、キッチンはオープン対面キッチンを設置することにより、開放感を演出しています。

②和室
基本的にはフローリングにしていますが、年齢を重ねていくと、畳も恋しくなるものです。
そこで、LDKの隣に畳コーナーを設置しましたが、間仕切りで開放感を損ねないよう、2面を開放するタイプにし、LDKと一体感が出るように心がけました(写真)。

施工ポイント①玄関の工夫

玄関がかなり狭く、使い勝手が悪かったため、玄関に隣接する部屋の間仕切りを撤去しまし、玄関部分を広くしました。

①ベンチ
高齢になる2人の靴の脱ぎ履きの助けとなるよう、ベンチを備え付けています(写真左)。

②収納
玄関が広くなったので、ウォークインクローゼットを設置(写真右)。

施工のポイント②バルコニー

マンションの1階部分だったため、ウッドデッキを造りました。
天気の良い日には、デッキで食事やお茶を楽しむこともできますね。